神戸大学工学振興会からのお知らせ

新型コロナウイルス感染症によりご逝去なさいました方々、令和2年7月の豪雨災害にてご逝去なさいました方々、被害に遭われました方々に心よりお見舞いを申し上げます。
日頃より神戸大学工学振興会(略称 KTC)ホームページをご利用頂き、ありがとうござます。本、ホームページを通じて、皆様方とKTCとのつながりが、これまで以上に密になることを切に願っております。ご要望等ございましたらお知らせ下さい。
電子メールアドレス:eng-ktc@edu.kobe-u.ac.jp
KTCでは2021年3月に例年通り神戸大学百年記念館において、ガイダンス「きらりと光る優良企業」を開催しました。新型コロナウイルスの感染拡大予防対策に万全を期してハイブリット形式での開催を行いました。ハイブリット形式は初めての取り組みとなり、事務局で懸命に取り組んで参りました。今後のイベント開催方法についても最善策を検討して参りますので宜しくお願い申し上げます。事務局では今後も引き続き企業在籍のOB/OG紹介、就職相談を含めサポートして参りますので何卒ご理解戴きまして学生の為の採用活動にご協力を宜しくお願い申し上げます。
政府による新型コロナウイルス緊急事態宣言は関西地区では解除となりましたが大学におきまして現在活動制限指針レベル2を継続し、感染拡大防止に向けた教育・研究活動が遵守されています。KTCにおけるイベント開催は新型コロナウイルスの感染拡大予防対策を遵守して開催し、TOEIC/TOEFL支援、キャリアサポートを継続しております。
2021年度定時総会は5月21日に開催します。機関誌No.92にて総会案内を掲載しています。
3月1日(月)に機関誌No92を発刊し、今回は全卒業生に配布しております。
連載中の先輩万歳はこの度、「木野親之氏(PⅠ)に聞く」を掲載させて頂きました。関係各位に多大なご協力を頂きましが、文中、事務局の不手際で校正の際に文章の一部に原文と相違する箇所がございました。この欄にて訂正いたしますと共に次号に於いて訂正とお詫びを掲載いたします。関係各位に深くお詫び申し上げます。掲載文は42頁、5.二人の巨匠の出会いの欄 7行目
-その対談には,野本敬忠氏(娘婿)が同席されて「真実の語らいを」を後世に伝え残す大事な役目を担っておられます。
とありますが正しくはその対談に不思議にも又光栄にも私は同席させて頂き「真実の語らい」を後世に伝え残す大事な使命を頂いたと心より感謝致しております。でございます。
特集は「グラフィクスリテラシー」です。特別寄稿、武田 廣学長「6年間を振り返って」、最先端研究紹介を掲載します。
お問い合わせがありましたら事務局までご一報下さい。ご自宅のご住所・ご勤務先・メールアドレス等を変更された方は必ず上記アドレス又はアドレスの登録・変更フォームからご連絡ください。機関誌(PRINT ISSN 1345-5699)はWeb(ONLINE ISSN 2423-9356)でもご覧になれます。
ご住所・お届け先を変更された方は卒業生の方から変更連絡をお願いします。
2020年11月に開催しました学内講演会 は2020年に神戸市の理化学研究所に設置され、運用開始しましたスーパーコンピュータ「富岳」について理化学研究所、客員研究員西口浩司様よりご講演いただきました。3月末までオンデマンド配信中です。

KTCからのお知らせ