お知らせ

2018年学内講演会開催案内

2018年09月07日 12:00:38

 

講演会は、昭和50年にスタートした歴史ある講演会です。各界で活躍中の著名人を講師に招き、原則として年2回開催されます。5月の講演会はKTC定時総会に合わせて卒業生を対象に、秋(10月頃)の講演会は、学生を対象にして学内で実施されます。

今年度の学内講演会は山口大学大学院創成科学研究科教授 清水則一氏(C27)を講師にお招きして、以下の要領で開催することとなりました。ご期待下さい。

=学内講演会開催要領=

 1.日時: 平成30年11月14日(水)15:10~16:40

 2.場所: 神戸大学 工学研究科 C3-302講義室

       (神戸市灘区六甲台町)

 3.講師: 清水則一氏(C27)山口大学大学院創成科学研究科教授

 4.演題: 『宇宙技術・防災 国際協力清水先生

 5.講師のプロフィール:

        ⅰ.学 歴: 1981年3月  神戸大学大学院工学研究科

                  土木工学専攻 終了

        職 歴:  1981年10月 神戸大学工学部 助手 土木工学科

           1992年7月 山口大学工学部 助教授 社会建設工学科

           2000年4月 山口大学工学部 教授

           2003年4月 山口大学地域共同研究開発センター長

          (至2007年3月)

           2011年6月 一般社団法人 岩の力学連合会理事長

          (至2013年6月)

           2015年5月 International Society for Rock Mechanics

                  and Rock Engineering 副総裁

           2016年4月 山口大学大学院創成科学研究科 教授

     ⅱ.講演概要:

世界各地で、豪雨、地震などの自然現象に加え、資源採掘や地下水汲上げなどの人の営みにより、広域的な災害や環境の変化が起こっています。状況を把握し災害を減じ防ぐためには、広い範囲で地盤や構造物の挙動を正確に観測することが重要です。

そのため、人工衛星による測位やレーダなどの宇宙技術を活用したモニタリングシステムを研究・開発しています。講演では、産学連携によるシステム開発の経緯と防災実務への適用事例について裏話を交えてお話します。また、この技術は海外からのニーズが高く、現在取り組んでいるアジア、東欧諸国との国際協力についても紹介します。

 =懇親会のご案内=

 講演会終了後、以下の通り懇親会を開催致します。イベント頁からお申し込み下さい。

    ・時間: 17:00~18:30

    ・会場: 工学研究科内「AMEC3」

    ・会費: 1,000円 (学生は無料)

講演会(無料)事前申し込みは不要です。
懇親会参加ご希望の場合は、事務局にお申し込みください。

お問い合わせ