お知らせ

2019年学内講演会開催案内

2019年07月16日 12:00:38

 

講演会は、昭和50年にスタートした歴史ある講演会です。各界で活躍中の著名人を講師に招き、原則として年2回開催されます。5月の講演会はKTC定時総会に合わせて卒業生を対象に、秋(10月頃)の講演会は、学生を対象にして学内で実施されます。

今年度の学内講演会は神戸大学大学院理学研究科 惑星学専攻教授荒川政彦氏、講師にお招きして、以下の要領で開催することとなりました。ご期待下さい。

=学内講演会開催要領=

1.日時: 2019年10月31日(木)15:10~16:40

2.場所: 神戸大学 工学研究科 C3-302講義室

(神戸市灘区六甲台町)

3.講師: 荒川政彦氏、神戸大学大学院理学研究科 惑星学専攻教授

4.演題: 『はやぶさ2による小惑星リュウグウの探査と宇宙衝突実験

5.講師のプロフィール:          

ⅰ.学 歴: 平成7年 5月 博士(理学)取得 名古屋大学

職 歴:  平成22年10年 神戸大学 大学院理学研究科
地球惑星科学専攻(現 惑星学専攻) 教授 現職に至る

 

ⅱ.講演概要:

2014年12月に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ2」は、昨年6月27日に地球から約3億km離れた小惑星リュウグウに到着しました。今年の4月5日には、神戸大学も参加しているインパクターという装置で小惑星の表面に大きな人工クレーターを形成する実験が実施されまた。このインパクターによる実験は、リュウグウの表面を掘り起こすことで、小惑星内部を観測して、さらにその内部から試料を採取することを目的としています。このインパクターによる実験では、10mを超える大きなクレーターが形成され、その様子は神戸大学も開発に関わった分離カメラにより撮影されました。この講演では、「はやぶさ2」で実施された様々な探査の概要を紹介したいと思います。

=懇親会のご案内=

講演会終了後、以下の通り懇親会を開催致します。イベント頁からお申し込み下さい。

・時間: 17:00~18:30

・会場: 工学研究科内「AMEC3」

・会費: 1,000円 (学生は無料)

講演会(無料)事前申し込みは不要です。
懇親会参加ご希望の場合は、事務局にお申し込みください。

お問い合わせ